マーケットコメント


テクニカル分析

2016/04/06

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

6日、7日続落となるも、小陰線を形成して終了

6日、日経平均株価、TOPIXともに小幅安で始まったあと、前日の終値を挟んで方向感のない値動きとなった。また、一時プラスに転じ、15,800円台を回復する場面があったが、値を保つことができず、結局小幅安で終えた。両指数ともに小陰線を形成して終えている。一方日経平均株価はアベノミクス相場始まって以来の7日続落となっている。下向きの-σとのかい離率が拡大するなか、一気に-2σを上回ることができるか要注目。
(会員向けコメントあり)