マーケットコメント


テクニカル分析

2015/09/08

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

8日、上昇して始まるも5日MAに押し返され、両指数ともに大陰線を形成

8日、日経平均株価、TOPIXともに小幅高で始まったが、下向きの5日移動平均線上を維持することができずに押し返される展開となった。また、徐々に上値が重たくなるとマイナスに転じて午前の取引を終えた。一方昼休み中に中国の貿易統計が輸入、輸出ともに減少したことが伝わると225先物が売られて下げ幅を広げ、午前の安値を下回って始まったあと、日経平均株価は直近の安値も下回って取引を終えた。一方TOPIXは前日の安値を下回ったものの8月25日の安値を割り込まずに取引を終えているが、両指数ともに大陰線を形成して終えている。週末のメジャーSQを控え、明日以降もボラティリティの高い値動きが心配されるなか、TOPIXも安値を更新するかどうかが注目される。
(会員向けコメントあり)