マーケットコメント


テクニカル分析

2015/06/19

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

19日、大幅反発して始まり、下ヒゲ陽線を形成するも5日MAに届かず

19日、昨日の大幅安の反動やNYダウの上昇を好感し、日経平均株価、TOPIXともに反発して始まった。反発して始まったあと、日経平均株価は上げ幅を広げ一時5日移動平均線に迫ったものの買いが続かず、失速する形となり上げ幅を縮めた。ただ、その後はボリンジャーバンドの上向きの‐σがサポートになり持ち直すともみ合う展開となった。また、午後に入って再び上げ幅を縮める場面があったが持ち直し、下ヒゲ陽線を形成して取引を終えた。週末に反発して終えているものの、日経平均株価は前日の高値を超えられなかったことに加え、両指数ともに5日移動平均線に届いておらず、来週初めから5日移動平均線を上回ることができるのかどうかが注目される。
(会員向けコメントあり)