マーケットコメント


テクニカル分析

2020/10/16

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

16日、続落、日経平均は一時25日MAを下回り、TOPIXは10月2日の安値に接近

16日、日経平均、TOPIXともに小幅安で始まったが、日経平均はもみ合いが続いたあとプラスに浮上すると、小幅高で午前の取引を終えた。一方TOPIXはマイナスに沈んだままでプラスに浮上することができずにもみ合いが続いた。午後に入ると、両指数ともにまとまった売り注文が出て午前の安値を下回ると下げ幅を拡大し、日経平均は25日移動平均線を下回る場面があった。ただ、取引終了にかけては狭いレンジでのもち合いとなり、かろうじて25日移動平均線上を維持して終えたが、TOPIXは下げ幅をさらに拡大して今月2日の終値ベースの安値に接近して終えている。両指数ともに売り物に押されて終えており、休み明けの東京市場で反発できるかが注目される。またマザーズ指数は続落すると同時にボリンジャーバンドの+1σを下回る場面があったが、かろうじて+1σ上を維持して終えた。マザーズ指数は+1σ上を維持できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)