マーケットコメント


テクニカル分析

2019/04/16

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

16日、日経平均は連日で200日MAを、TOPIXは反落となるも5日MA上を維持

16日、前日の伸び悩んだ流れを引きずり、東京市場は小幅安で取引が始まった。日経平均株価、TOPIXともに前日の安値を下回る場面があったが、ボリンジャーバンドの上向きの+2σや+1σがそれぞれサポートになると切り返す展開となった。そのあと直ぐに両指数ともにプラスに浮上したが、TOPIXはプラスを維持できずにマイナス圏に戻ると取引終了までマイナスで推移したが、日経平均株価はプラス圏を維持して終えた。両指数ともに200日や5日移動平均線上を維持していることに加え小陽線を形成して終えており、底堅い値動きを示している。ただ日経平均株価のモメンタムが引き続き逆行現象を示しているのが警戒される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)