マーケットコメント


テクニカル分析

2019/03/15

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

15日、3日ぶりの反発。両指数ともに3本のMAを上回って小陽線を形成して終了

15日、英国議会がEU離脱の短期延長を可決したことやドル円が上昇していたことなどが好感され、東京市場は反発して始まった。また、反発したあとも上げ幅を広げ、TOPIXは一時前日の取引時間中の高値を上回る場面があった。一方日経平均株価はわずかに届かなかったこともあって、午後に入ってから徐々に上値が重たくなると、利益確定と見られる売り物に押され上げ幅を縮めて小陽線を形成して終えた。また、両指数ともに5日、25日、75日の移動平均線を上回って終えており、休み明けの東京市場でも上回ったまま維持できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)