マーケットコメント


テクニカル分析

2018/03/09

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

9日、続伸して始まり一時25日MAを上回るも維持できず上ヒゲ陰線で終了

9日、日経平均株価、TOPIXともに外部環境の好転を好感して大幅に続伸して始まった。また、本日がメジャーSQ算出日となっていたが、日経平均株価は取引開始後に上げ幅を広げ、下向きの25日移動平均線を上回って強含むなど516円高となる場面があった。一方、TOPIXは25日移動平均線に届かなかったことから両指数ともに徐々に上値が重たくなり、上げ幅を縮める展開となった。また、10時過ぎごろから失速する形となって午前の取引が終わると、午後の取引が始まってすぐに両指数ともにマイナスに転じるなか、TOPIXは5日移動平均線をわずかに下回って200日移動平均線に近づく場面があった。ただそこから売り込む動きは見られず、取引終了にかけて持ち直して上ヒゲ陰線を形成して終えた。両指数ともに下向きの25日移動平均線と緩やかな上向きの200日移動平均線とのあいだの攻防となっており、休み明けも200日移動平均線上を維持して25日移動平均線を上回ることができるかが注目される。
(会員向けコメントあり)