マーケットコメント


テクニカル分析

2018/03/07

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

7日、米コーン委員長の辞任報道で下向きの5日MAを上回ることができず反落

7日、取引開始前に伝わった米コーン国家経済会議委員長の辞任報道を受け、円高に振れたことやNYダウ下落への懸念から東京市場は反落して始まった。反落して始まったあと下げ幅を広げて200日移動平均線に接近する場面があったが、TOPIXは200日移動平均線を一時下回る場面があったものの、日経平均株価が200日移動平均線の手前で下げ止まると買い戻しが入り、両指数ともにプラスに転じる場面があった。また、プラスに浮上した場面では両指数ともに下向きの5日移動平均線を上回ったが、値を保つことができずに結局押し返されて反落して取引を終える結果となった。ただ両指数ともに200日移動平均線上を維持して終えており、明日以降200日移動平均線上を維持できるのか、割り込むのかが注目される。
(会員向けコメントあり)