マーケットコメント


テクニカル分析

2016/09/06

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

6日、小幅安で始まるもプラスに浮上しあと値を保ち、小陽線を形成して終了

6日、日経平均株価、TOPIXともに小幅安で始まり、上向きの5日移動平均線をサポートに下げ渋ると、プラスに浮上する展開となった。また、一旦プラスに浮上すると、日経平均株価はプラス圏でもみ合いが続き、小陽線を形成して終えた。一方TOPIXは上げ幅を広げ、200日移動平均線に接近して終えている。そうしたなか日経平均株価の方は200日移動平均線上を維持したほか、TOPIXは7月21日の取引時間中と終値の両方を上回って終えた。両指数ともに上昇トレンドを維持する格好となっており、週末のメジャーSQ前後の動向が引き続き注目される。
(会員向けコメントあり)