マーケットコメント


経済指標

2007/09/28

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

全国消費者物価指数は前年比マイナス0.1%

28日8時40分頃に発表された8月の全国消費者物価指数(CPI:除く生鮮食料品)は、-0.1%となり、7ヵ月連続で低下となった。マイナスの主な要因は、薄型テレビなどの耐久財やガソリンなどの交通・通信など。プラスの要因は、傷害保険料や宿泊料など。宿泊料のアップは、お盆休みの比較的料金が高めの時期と重なったためとされている。