マーケットコメント


経済指標

2007/09/27

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

8月新規住宅販売と週間新規失業率件数に注目

13時05分現在、285円高と株価は大きく上昇しているものの、これまでの不安要因だったサブプライム問題が根本から解決したわけではない。今週は、日本時間の27日夜に米国の8月新築住宅販売と週間新規失業保険申請件数の発表などがある。これらの指標は、サブプライムローン問題が景気に与える減速懸念を計る上で重要な指標となる。失業率申請件数が大幅に増加していたり、新築住宅販売が落ち込んでいた場合、再度景気や株式市場に対する不安感が台頭してくる可能性もあるので、注意が必要であろう。