マーケットコメント


マーケット情報

2015/12/25

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

25日、海外市場が休場で閑散となるなか、日経平均株価は5日続落で終了

25日、NYダウやS&P500が反落して終えていたことや、為替市場で円高が進んでいたものの、12月決算銘柄の権利付き最終売買日ということもあり、買い優勢で取引が始まった。ただ、買いが一巡すると直ぐにマイナスに転じたあと、前日の終値を挟んで方向感の無い値動きとなった。また午後に入っても狭い値幅の値動きが続き、結局小幅安で取引を終えた。今晩のNY市場など欧米の主要市場がクリスマスで休場となるなか、商いも大幅に減少した。そうしたなか業種別では、水産・農林、保険、小売、医薬品など7業種が値上がり。一方値下がりは、電気・ガス、鉄鋼、鉱業、銀行、卸売、機械、石油・石炭など26業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、日本水産が+14.31%と上昇が目立ったほか、アークン(マザーズ)、トレーダーズHD(ジャスダック)、ラオックス(東2)も高かった。一方値下がりは、東京電力、三菱重工業、新日鉄住金などが安かった。日経平均株価の終値は18,769円06銭、-20円63銭、TOPIXの終値は1516.19ポイント、-7.43ポイント。売買高は概算で19億12百万株、売買代金1兆6,049億円。
(会員向けコメントあり)