マーケットコメント


マーケット情報

2015/12/22

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

22日、まちまち。日経平均株価は3日続落、TOPIXは3日ぶりの反発で終了

22日、NYダウやナスダック指数などが反発して終えていたものの、東京マーケットの反応は鈍く、小幅高で始まったあとマイナスに転じた。日経平均株価は前日比10円高で始まったあと直ぐにマイナスに転じると、一時91円安となる場面があったが、売り込む動きは限定的で値を戻す展開となった。一方、TOPIXも値を戻すなか、午前の取引終了にかけてプラスに転じると、そのままプラス圏を維持して今日の取引を終えた。日経平均株価はプラスマイナスを行ったり来たりと小動きのなか小幅安で取引を終えた。そうしたなか業種別では、空運、陸運、建設、水産・農林、保険、鉄鋼など21業種が値上がり。一方値下がりは、紙・パルプ、卸売、食料品、不動産、電気機器、その他製品など12業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、西日本旅客鉄道、日本航空、大成建設、KDDI、キヤノンが高かった反面、東芝、さくらインタ―ネット、キリンHD、ミネベア、マイネット(マザーズ)の下落が目立った。日経平均株価の終値は18,886円70銭、-29円32銭、TOPIXの終値は1533.60ポイント、-29.32ポイント。売買高は概算で19億74百万株、売買代金1兆9,347億円。
(会員向けコメントあり)