マーケットコメント


マーケット情報

2015/09/17

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

17日、日経平均は3日続伸。薄商いのなか海外株やドルの上昇を好感

17日、FOMCの結果発表を前にNYダウは140ドル高となったほか、ドルも上昇して120円台半ばを回復したことなどが好感され、東京マーケットも上昇して始まったが、午前の取引終了前に上げ幅を縮めるなど一旦上値が重たくなった。一方午後に入ると、買い戻しが優勢のまま日経平均株価は18,468円をつけるなど296円高となるなど強含んだまま今日の取引を終えた。そうしたなか業種別では、証券・商品、鉄鋼、情報・通信、その他金融、電気機器、鉱業、機械、化学、海運など30業種が値上がり。一方値下がりは、医薬品、精密機械、陸運の3業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、NTT、NTTドコモ、ダイキン工業、アルプス電気が高かった反面、任天堂、日経ダブルインバース、コマツ、キヤノンの4銘柄のみが値下がりした。日経平均株価の終値は18,432円27銭、+260円67銭、TOPIXの終値は1491.91ポイント、+19.31ポイント。売買高は概算で19億29百万株、売買代金は2兆2,224億円。
(会員向けコメントあり)