マーケットコメント


マーケット情報

2007/10/10

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

日経平均株価は上昇したが東証株価指数はマイナスで取引を終える

10日の株式市場は、日経平均株価が17.99円上昇して取引を終えた。TOPIXは-1.88ポイント。TOPIXがマイナスで取引を終えたことを見る限り、本日は大型株が安かったと推定される。なかでも銀行、保険、電気・ガスなど内需関連株が安く、TOPIXの足を引っ張った格好だ。
平均株価上昇の要因には、小売セクターの上昇が挙げられる。決算発表の中身はよくなかったが、証券会社の投資判断格上げが株価にプラスに働き、百貨店株やコンビニエンスストアの株価は堅調に推移した。
今週はまだ百貨店の決算発表などが続くので、要注目だ。