マーケットコメント


マーケット情報

2007/09/27

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

内需関連株(不動産、証券、保険、銀行)が上昇

これまで、外国人投資家の売りで株価が下落していた内需関連株が、本日大きく上昇している。上昇の背景には、福田首相が内需を盛り上げる政策を取るのではないかという期待もあるようだ。また、これまで売られていた反動も考えられる。銀行株などは、今期の予想PERが10倍台前半であり、見直し買いも期待できそう。銀行株のリスク要因は、サブプライムローンをどれだけ保有しているか、またその時価がどうなっているかと言った点が上げられよう。