マーケットコメント


マーケット情報

2020/09/15

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

15日、反落して始まり、終日上値の重たい展開となり4日ぶりの反落で終了

15日、前日まで3営業日続伸して3月以降の戻り高値を更新していたことや、自民党総裁選で予想通り菅官房長官が自民党総裁となったことから、利益確定売りに押される展開となった。日経平均は売り先行で始まると、そのまま下げ幅を広げ23,351円をつけるなど一時207円安となる場面があったが、売りが一巡すると徐々に下げ渋り、下げ幅を縮める展開となった。また午後に入ると、日銀によるETF買いへの期待もあってさらに下げ幅を縮め、マイナスではあるものの今日の高値圏で終えた。そうしたなか業種別では、海運、サービス、銀行、その他製品の4業種が値上り。一方値下がりは、鉄鋼、空運、鉱業、陸運、紙・パルプ、保険など29業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、モダリス(マザーズ)が+9.38%と上昇が目立ち、レーザーテック、ティアンドエス(マザーズ)、ソフトバンク、SUNASTARISK(マザーズ)などが高かった半面、アサヒGHD、日本航空、JR東日本、ソニ―などが安かった。日経平均株価の終値は23,454円89銭、-104円41銭、TOPIXの終値は1,640.84ポイント、-10.26ポイント。売買高は概算で11億71百万株、売買代金2兆1,351億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)