マーケットコメント


マーケット情報

2020/07/02

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

2日、午前中は一時上げ幅を拡大するも売り物に押され小幅高で終了

2日、前日の下落の反動もあって小幅に上昇して始まったが、前日の海外市場がまちまちで終えていたことや、国内の材料不足もあって買いが続かず、直ぐにマイナスに沈むなど、弱含む場面があった。一方、10時過ぎから始まった他のアジア市場が堅調に推移して上げ幅を拡大していたことから、薄商いのなか買い戻す動きが強まり、日経平均は22,267円をつけるなど一時145円高まで上昇したが、午後に入ってからは売り物に押されて値を消す展開となった。さらに、取引終了にかけては前日の終値を挟んだ方向感のない値動きとなるなか、結局小幅高で終える結果となった。そうしたなか業種別では、空運、輸送用機器、保険、海運、陸運、銀行など19業種が値上りとなった反面、値下がりは、鉄鋼、ガラス・土石、繊維、機械、紙・パルプなど14業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが+11.83%で上昇が目立ったほか、NTTドコモ、日本航空、トヨタ自動車などが高かった反面、プレシジョン・システム・サイエンス(マザーズ)、アンジェス(同)、GMOクラウドなどがそれぞれ10%超の下落率となり、SUMCO、キーエンスなどが安かった。日経平均株価の終値は22,145円96銭、+24円23銭、TOPIXの終値は1,542.76ポイント、+4.15ポイント。売買高は概算で13億57百万株、売買代金2兆2,366億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)