マーケットコメント


マーケット情報

2020/04/08

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

8日、ドル円と先物が連動して買われ日経平均は4日続伸、19,300円台を回復

8日、NY市場でダウが伸び悩みマイナスで終えていたものの、8時45分から始まった225やTOPIX先物にサヤ寄せする形で日経平均、TOPIXともに小幅高で始まった。ただ取引が始まったあとドルが売られて108円70銭台から20銭ほど円高に振れると225先物も売り物に押されてマイナスに沈み、日経平均は18,730円をつけるなど一時219円安となる場面があった。売りが一巡したあとは前日の終値を挟んだせまいレンジでのもみ合いとなっていたが、午後に入ってドルと先物が連動して買われると、指数もじわじわと上げ幅を広げ、特段買い材料も見当たらないまま19,454円をつけ504円高となり、利益確定売りに押されたものの両指数ともに高値圏で終えた。そうしたなか業種別では、空運、陸運、証券、商品など29業種が値上り。一方値下がりは、鉱業、石油・石炭、鉄鋼、銀行の4業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、エムスリーが+11.83%と上昇が目立ったほか、ファーストリテイリング、中外製薬、日経平均ブル2倍、日経レバレッジETFなどが高かった。一方値下がりは、デンカ、日経ダブルインバース、日経平均ベア2倍、富士フイルムなどとなっている。日経平均株価の終値は19,353円24銭、+403円06銭、TOPIXの終値は1,425.47ポイント、+22.26ポイント。売買高は概算で16億81百万株、売買代金2兆8,114億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)