マーケットコメント


マーケット情報

2020/04/03

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

3日、まちまち。日経平均は5日ぶりの小反発、TOPIXは5日続落で終了

3日、NYダウの反発や前日までの4日続落もあって、東京市場は反発して始まった。日経平均は17,900円台をつけたあと上げ幅を広げ、18,059円をつけるなど一時240円高となる場面があった。しばらく高値圏で推移していたが、上値の重たさが嫌気されるとじわじわと上げ幅を縮める展開となった。午前中はプラスを維持して終えたものの、午後に入ってすぐにマイナスに沈むと先物主導で下げ幅を広げ、日経平均は17,646円をつけるなど一時172円安となる場面があったが取引終了間際に買い戻しが入り、日経平均は小幅反発、TOPIXは5日続落で終えた。そうしたなか業種別では、鉱業、保険、電気・ガス、石油・石炭、その他金融など11業種が値上り。一方値下がりは、空運、輸送用機器、鉄鋼、金属製品、海運、小売、繊維など22業種となっている。また、全市場の売買代金上位30銘柄では、デンカが値幅制限いっぱいまで買われ+24.03%となったほか、富士フイルムも+6.25%と高く、国際石油開発帝石、資生堂などが高かった反面、ブイキューブ、SUBARUが-8%超と下落が目立ち、SUMCO、リクルートHDなども安かった。日経平均株価の終値は17,820円19銭、+1円47銭、TOPIXの終値は1,325.13ポイント、-4.74ポイント。売買高は概算で14億99百万株、売買代金2兆3,669億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)