マーケットコメント


マーケット情報

2018/09/05

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

5日、続落。商いは増加するも日経平均は4日続落、TOPIXは5日続落で終了

5日、NYダウなど主要3指数の下落もあって東京市場は下落して始まった。日経平均株価、TOPIXともに小幅安で始まったあと、じわじわと下げ幅を拡大する展開となった。また、午後の取引が始まると日経平均株価は22,570円をつけるなど一時126円安となる場面があったが、買い戻しで下げ幅を縮めたあと再び下げに転じ結局今日の安値圏で取引を終えた。そうしたなか業種別では、情報・通信、不動産、化学、海運、電気・ガス、その他金融など29業種が値下がり。一方値上がりは、鉱業、紙・パルプ、金属製品、倉庫・運輸の4業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、コーセー、資生堂、キーエンス、ソフトバンクGなどが安かった反面、ペッパーフードサービスの上昇が目立ち、ファーストリテイリング、スズキ、日経ダブルインバースが高かった。日経平均株価の終値は22,580円83銭、-116円07銭、TOPIXの終値は1704.96ポイント、-13.28ポイント。売買高は概算で12億34百万株、売買代金2兆2,644億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)