マーケットコメント


マーケット情報

2017/12/18

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

18日、米税制改革の合意を好感し大幅高、日経平均は5日ぶりの反発

18日、米共和党の上下両院で税制改革法案が合意したことを受け、NYダウが143ドル高で終えていたことが好感され、東京市場も大幅に上昇して始まった。日経平均株価、TOPIXともに買い優勢で始まると午前中はもち合いが続いたが、午後に入ってからは225先物が上値を買ったことから薄商いのなか上げ幅を広げる展開となった。また日経平均株価は22,927円をつけるなど374円高となるなか、そのまま高値圏で終えた。そうしたなか業種別では、紙・パルプ、保険、銀行、非鉄金属、電気機器、機械など32業種が値上り。値下がりは石油・石炭のみだった。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ラクオリア創薬(ジャスダック)、モリテックスチールの上昇が目立ったほか、SUMCO、ソニーなどが高かった反面、SBIHDの下落が目立ち、日経ダブルインバース、KDDI、日本たばこ産業が安かった。日経平均株価の終値は22,901円77銭、+348円55銭、TOPIXの終値は1817.90ポイント、+24.43ポイント。売買高は概算で16億13百万株、売買代金2兆6,934億円。
(会員向けコメントあり)