マーケットコメント


マーケット情報

2017/04/26

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

26日、大幅4日続伸。商いを伴って上昇し、日経平均、TOPIXともに高値引け

26日、NYダウが323ドル高となったことやナスダック指数が最高値を更新したことなどが好感され、東京市場は連日の大幅高で始まった。また、東京市場でドル円が111円台に乗せたことも支援材料となり、日経平均株価は100円以上値上がりして始まった。その後は利益確定と見られる売りなどに押され伸び悩む場面があったものの、ドル円が111円50銭台まで上昇したこともあって日経平均株価、TOPIXともに今日の高値で終えた。また、日経平均株価は3日連続で200円以上の上昇となったほか、売買代金も2.5兆円に膨らんだ。そうしたなか業種別では、33業種全てが値上り。値上がり率が高かったのは、石油・石炭、輸送用機器、ゴム、非鉄金属、銀行、機械、ガラス・土石、海運などだった反面、上昇率が低かったのは小売り、情報・通信、電気・ガス、その他製品、医薬品などとなっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ソレイジア・ファーマ(マザーズ)、日立国際電気、昭和電工の上昇が目立ったほか、マツダ、日立も高かった。一方値下がりは、日経ダブルインバース、NTT、任天堂、KDDIとなっている。日経平均株価の終値は19,289円43銭、+210円10銭、TOPIXの終値は1537.41ポイント、+18.20ポイント。売買高は概算で20億35百万株、売買代金2兆5,099億円。
(会員向けコメントあり)